新聞紙面に知的財産権に関する記事が多く掲載される昨今では、 大企業はもちろんのこと、中小企業等においても知的財産権を考慮することなく ビジネスを行うことが困難な状況となっております。

 しかしながら、知的財産権制度の具体的内容や、知的財産権(特に特許権、実用新案権等の産業財産権)の権利取得の方法、他社からの 警告に対する対応等に関する知識を備えた企業は、そう多くないようにも感じられます。

 殿元特許事務所では、知的財産権に関する企業のニーズに対応すべく、産業財産権取得のアドバイス、及び権利取得のための代理業務を行い、お客様の知財戦略のお手伝いをさせていただいております。  

 発明は、発明者の知的創作活動により生まれる小さな種のようなものです。この種を大きく育て、貴社の大きな柱とするためには、将来を見据えた知財戦略が必要です。 発明を特許権という強い権利に育てることによって、一つの発明が多大の利益を生む可能性があります。

 弊所のロゴマークに示されている若葉は、貴社の発明の種を育てるお手伝いをさせて頂き、発明の芽の成長を通じて、貴社と弊所とが共に発展していけるようにという願いが込められております。

 知的財産権に関する代理業務等を通じて、貴社の発展に少しでも貢献することができれば幸いです。

 殿元特許事務所
    
所長・弁理士 殿元基城
Copyright(C)2005 Tonomoto Patent Firm All rights reserved