・・・ 特許・実用新案 ・・・
 弊所の中心業務は、特許出願代理業務及び実用新案登録出願代理業務です。
 発明者から発明内容をお聞きして技術的内容を記載した書類(明細書等) を作成すると共に、権利取得に際し必要とされる各種手続きを、 出願人に代わって行っております。
 具体的には、出願手続、審査請求手続、中間処理手続 (意見書・補正書作成、提出)、各種審判手続等の代理を行うほか、侵害訴訟の補佐、鑑定業務、先行技術文献調査、講演等の各種業務を行うことにより、お客様をサポートさせて頂いております。

【主要取り扱い技術分野】
 情報処理、制御処理、ソフトウェア、ビジネスモデル、事務機器、表面処理、土木建築、電気機器、精密機械、輸送機械、材料加工機械、非破壊検査、メカトロニクス等

 特に、ソフトウェア関連の発明について、数多く出願を行っております。


・・・ 外国出願業務 ・・・
 近年、日本国内での権利取得だけでなく、外国における権利取得の必要性が高まっております。
 弊所では、日本の特許出願を優先権の基礎とした外国での権利取得業務を行っております。
 具体的には、パリ条約や特許協力条約等を活用し、弊所提携先の外国特許事務所・法律事務所を通じて、米国、ヨーロッパ各国、中国、韓国等の諸外国における権利化のサポートさせて頂いております。

  特に、ソフトウェア関連の発明に関して、米国や中国等では、ソフトウェアが発明の対象として認められておりません。ソフトウェア等における外国での権利化をご検討されている場合には、一度ご相談ください。

  

Copyright(C)2005 Tonomoto Patent Firm All rights reserved